ラグビー/rugby

ラグビー/rugby

競技概要

1チームあたり7人のプレーヤーで行うラグビーで、「セブンズ(Sevens)」とも呼ばれています。7分ハーフで14分間の試合を行います。大会の決勝戦は10分ハーフの場合もあります。

競技場(フィールド) 68~70m×94~100m

ここがポイント!

7人制ラグビーは、15人制のラグビーと同じフィールドを使って試合を行います。広いフィールドを少ない人数でカバーするため、ボールが大きく動き、スピードと俊敏性、ハンドリングスキルが勝敗のカギとなります。トライシーンも多くエキサイティングで流れるようなプレーが見どころの競技です。

歴史

7人制ラグビーは、1883年にイングランドとの国境近くにあるスコットランド・ボーダーズ地方で誕生しました。以来、コンパクトかつシンプルな競技スタイルが世界の国々に広まり、1930年には日本で初めて7人制の大会が開催され国内にも広まりました。

ラグビー競技は、男子15人制が1900年・1908年・1920年・1924年の4大会で行われましたが、2016年リオ大会で7人制ラグビーとして復活、正式競技となりました。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング