ボート/rowing

競技概要

選手それぞれが一人で片舷1本のオールを扱うスウィープと、それぞれが両舷1本、計2本のオールを扱うスカルの種別があります。

漕手のほかに艇の舵を操るコックス(舵手)が乗っているか、いないかによっても種別が分かれます。

出漕艇は固定されたスタートポンツーン(桟橋)に艇尾をつけ、艇首をゴールに向けスタートラインに並びます。艇の先端がゴールラインに達した順に順位を決めます。予選・敗者復活戦・準決勝・決勝を戦います。

ここがポイント!

ボートは進行方向に背を向けて進むため、スタートでリードすると他の艇を見ながら漕ぐことができるので有利になります。そのため、スタートから積極的に漕ぎます。しかし、あまりにも序盤で飛ばしすぎると中盤で体力が続かなくなります。スタートからゴールまでどこで他のクルーと差をつけるか駆け引きが行われています。

また、エイト種目では、漕ぎ手の息の合ったユニフォーミティー(統一性)が見どころです。各艇が息の合った美しいフォームで、水上を滑るように進む様子は練習の賜物で、圧巻です。

歴史

ボートそのものは水上の移動の手段として、古代にまでその歴史をさかのぼることができます。競技としては、北欧の海賊による腕試しレースが起源といわれ、湖沼が多くボートレースに適したヨーロッパを中心に普及しました。

近代的なボート競技は18世紀のイギリスで誕生し、1716年にロンドンのテムズ川でレースが行なわれたといわれています。
オリンピックでは、男子は1900年パリ大会から、女子は1974年モントリオール大会から採用されています。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング