競技紹介

オリンピック

近代五種/modern pentathlon

近代五種/modern pentathlon

競技概要

一人の選手が一日に全く異質の5種類の競技に挑戦する、限界に挑む競技です。

5種類の競技

フェンシング(エペ)
水泳(200m自由形)
馬術(障害飛越)
レーザーラン(射撃5発+ランニング800mのコースを4周)

ここがポイント!

1人の選手が1日に5種類の競技をこなす「近代五種」競技は、体力的にも精神的にも非常に過酷な複合スポーツです。 フェンシングは動と静の中の一瞬の瞬発力が求められ、馬術は馬とのコンビネーションをはかりながら様々な障害を乗り越えていきます。また、一転、水泳は躍動する瞬発力と持久力が求められます。そして、最後のレーザーランはランニングから静止する射撃へと動から静への自制力、持久力、そして集中力が求められます。

各種目には卓越した能力が求められると同時に、静と動が混同する全く異なる種目の流れの中では、各選手にとっても得意・不得意とする種目があります。1つ1つの勝負の中で順位が入れ替わるデッドヒートは、一瞬たりとも見逃せません。

歴史

近代オリンピックの創立者であるクーベルタン男爵が、古代ギリシアで行われていた古代五種(レスリング・円盤投・やり投・走幅跳・短距離走)になぞらえた近代五種として競技化を提案したのが始まりと言われています。この「古代」五種競技に対して「近代」という言葉がつけられています。

ヨーロッパにおいては非常に人気があり、王族・貴族のスポーツとも呼ばれ、クーベルタン男爵はこの「近代五種」をスポーツの華と評したとも言われます。
1912年ストックホルム大会で正式競技となり、シドニーオリンピックからは女子種目も加わりました。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング