競技紹介

オリンピック

空手/karate

空手/karate

競技概要

組手競技

「個人組手」は、世界大会においては、体重別で女子は-50kg、-55kg、-61kg、-68kg、+68kgの5階級制となっており、男子は -60kg、-67kg、-75kg、-84kg、+84kgの5階級制となっています。

形競技

競技において演武する形は、世界空手連盟(WKF)が定めた形(約75種類)の中から選択し、演武します。トーナメントにおいては1回戦から決勝戦まで全て異なる形を演武しなければなりません。

ここがポイント!

組手競技

決められた攻撃部位に突き、蹴りを爆発的なエネルギーで繰り出しますが、目標部位にヒットすることはありません。ミリ単位で目標の手前でコントロールされているからです。どちらが先に突き、蹴りを極(き)めるのか、一瞬の攻防が見どころです。

組手競技の勝敗を決める方法には、1.競技時間内に8ポイント差をつけた選手を勝者とする方法、2.棄権・反則・失格があった場合にその対戦選手を勝者とする方法、3.競技時間を終了したときに取得したポイントが多い選手を勝者とする方法、4.競技時間を終了して同点の場合に判定で勝者を決める方法、の4種類があります。

形競技

突き・蹴りの力強さやスピードを競うと共に、「演武する形」の持つ意味への理解が求められます。リズム、バランス、極めなどすべてが揃った選手の演武は、見る者を魅了します。

現在の競技方法は、2人の選手が青と赤に分かれて、順番に演武を披露し、その結果を5人の審判員の上げた旗(青・赤)が多い方を勝者とするフラッグ方式ですが、東京2020大会では、勝敗をよりわかり易くするため5人の審判員があげた得点を合計する、採点方式も検討されています。

歴史

空手は、徒手空拳をもって身を護る武術として、全身のあらゆる部位を使い、受け・突き・打ち・投げを駆使して攻撃相手から身を護ることを目的として創始されました。

空手道は、日本発祥の武道で、かつて琉球王国であった沖縄県において、古くから伝わっていた格闘技「手」(ティー)が、中国から伝わった拳法の影響を受けて独自の発展を遂げました。
普及する過程において、日本古来の武道の精神を継承しながら、術から道に発展しました。「専守防衛」が基本になっており、「空手に先手なし」という空手道固有の考え方、行動の仕方がこれを示しています。

1900年頃から、沖縄各地で普及発達し、中学校や師範学校にも体育の授業に採用されました。

競技会場

※公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式ウェブサイトより転載(2017年8月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング