競技紹介

柔道/judo

柔道/judo

競技概要

試合場  10m四方
試合   トーナメント方式
試合時間 4分

体一つで1対1で試合をします。技の判定で勝敗が決まります。単なる格闘技ではなく、「礼で始まり礼で終わる」という精神の鍛錬に重きを置いたスポーツです。

ここがポイント!

一瞬のかけ引きで決まる「投技」、投げた後の寝技で相手を手中に収める「固技」など、緊張感あふれる試合展開が魅力の競技です。

柔道の基本理念「柔能(よ)く剛を制す」が代名詞のような「背負投」などの大技で勝負が決まるのは、見どころの1つです。

歴史

古来より日本に伝わる「柔術」を学んだ嘉納治五郎によって1882年に創始されました。現在では世界中に普及し、競技人口の多いスポーツの1つとなっています。

男子は1964年東京大会からオリンピック競技に加わりました。一方、女子は1988年ソウル大会で公開競技として実施され、1992年バルセロナ大会から正式種目となりました。

1964年東京大会では、階級は「無差別・重量級、中量級、軽量級」の3階級4種目でしたが、その後細分化され、現在では、男女とも7階級で実施されています。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング