ホッケー/hockey

ホッケー/hockey

競技概要

ゴールキーパー1人と10人のフィールドプレイヤーの1チーム11人の2チームで得点を競います。試合終了時点で得点数が多いチームが勝ちとなります。

競技場(フィールド)
横55m×縦91.4m
(ウォーターベース:水の撒かれた芝)
ゴール横3.66m×縦2.14m
試合時間
前半15分(2分休憩)15分、(ハーフタイム10分)、後半15分(2分休憩)15分

ここがポイント!

ドリブルとパスを用いてオフェンス(攻撃)がいかにディフェンス(守備)の網をくぐり抜けシュートするか、スピーディーでスリリングな試合展開が繰り広げられます。選手交代が自由に何度でもできるので、そのタイミングが試合を大きく左右します。ホッケーではオフサイドが廃止されており、得点の入る確率が高いのも、この競技の面白さの1つで見どころです。

約90cmのカーボン製スティックから放たれるボールは、なんと200km以上のスピードにもなります。

歴史

ホッケーは、ボールとスティックを使う競技として最も古いスポーツです。ホッケーの原型といわれる、曲がったスティックと丸い物を使って遊んでいる様子がエジプトの遺跡に描かれています。ホッケーという名の由来は、フランス語で牧羊者の杖の意味を持つhocquetだという説があります。

近代ホッケーの始まりは19世紀半ば、イギリスのクリケット選手たちが試合ができない冬季におこなったのが始まりとされています。1871年には最初のホッケークラブが結成され、1886年にはロンドンで協会が発足したのを機に、ルールも統一されました。

ホッケーがオリンピック競技になったのは、1908年ロンドン大会からです。1912年ストックホルム大会と1924年パリ大会を除いて毎大会実施されています。女子の競技は、1980年モスクワ大会から実施されています。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング