競技紹介

フェンシング/fencing

フェンシング/fencing

競技概要

ピスト(試合場):幅1.8m×全長14m(伝導性パネル)

個人戦

9分間(3分×3セット)
15本勝負(15点先取)
(セット間の休憩は1分間)

団体戦(1チーム4名)

各チームの内3名による総当たりリレー方式
3分間5本勝負(5点先取)を9試合行い、45点先取
(または9試合までの得点の多い方)が勝利

種目

フルーレ、エペ、サーブル
(種目により、剣の形状や有効面=得点となるターゲット範囲のこと=に違いがあります。)

ここがポイント!

騎士道からくる礼儀正しさ、華麗なプレイ、頭脳的な駆け引き、スピーディな試合運び、科学的なテクニックなどが見どころです。

歴史

フェンシングは中世ヨーロッパの騎士道華やかなりし頃「身を守る」「名誉を守る」ことを目途として磨かれ、発達してきた剣技です。その後、銃火器類の発達により、戦場での実用性は急速に衰退していきましたが、その繊細かつ奥深いテクニックに魅せられる者が多く、競技化への道を歩むこととなりました。1750年に金網のマスクが開発され、危険性が大幅に緩和されたことが引き金となり、ヨーロッパ各地で盛んに競技会が開催されるようになりました。

オリンピックでは、1896年アテネ大会から現在に至るまで、正式種目に採用されています。当初は、競技規則が統一されていなかったために、問題が数多く発生しました。1914年IOC国際会議で統一的な規則が制定されたことにより、競技の公正さが保たれ、判定を巡る争いは影を潜める事となりました。なお、この規則は国際フェンシング連盟(FIE)の試合規則の原案となっています。

競技の判定は、当初肉眼で行われていましたが、1936年エペ種目に電気審判器が導入されました。その公正さが認められると、その後、他の2種目も電気化され、現在に至っています。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング