馬術/equestrian

競技概要

動物を扱うオリンピック競技です。また、すべての種目で男女の別がありません。体力の勝負というよりもいかに馬をうまく操るか、技術的な熟練度と華麗さがポイントになる競技です。

選手の技術はもちろんのこと馬の能力も重要です。素質のある馬を、時間をかけてトップレベルに育てなくてはなりません。団体戦と個人戦があります。

ここがポイント!

選手はパートナーである馬と協調して競技に臨みます。選手が、馬の能力を最大限に引き出し、馬も選手の要求に精一杯こたえる「人馬一体」の妙技が繰り広げられます。

人馬が一体となって障害を飛越したり、疾走したりする姿は美しく、観客を魅了します。選手と馬とがどのようにコミュニケーションをとっているかも見どころの一つです。

歴史

人と馬との共同作業は、中国やエジプト、ペルシャといった多くの古代文明に遡ります。馬を用いた競技としては古代オリンピックに戦車競技(シャリオ・レース)がありました。ヨーロッパの馬術は古代ギリシアで発達し、ルネサンス期のイタリアで再評価され、近代馬術の基礎が築かれていったといわれています。

馬術は1900年パリ大会でオリンピック競技になりましたが、その時の競技は障害飛越1競技のみでした。1921年に開催された国際会議の結果、オリンピックでは馬場馬術(ドレッサージュ)、障害飛越(ジャンピング)、総合馬術(イベンティング)の3競技で構成することが決められました。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング