オリンピック

バスケットボール/basketball

バスケットボール/basketball

競技概要

5人対5人の2チームで対戦し、一つのボールを手で扱い、長方形のコート上の両端に設置された高さ305cm、内径 45~45.9cmリング状のバスケットにボールを上方から通すこと(ゴール)で得点を競う球技です。

ボールを保持しているチームがオフェンス(攻撃)チームとなり、ドリブルやパスでボールを運びながら、一定時間内にショット(シュート)を狙います。もう一方のチームはディフェンス(守備)を行い、相手チームからボールを奪うことに専念します。コートの広さは、28m×15m。

ここがポイント!

コートの中で、10人の選手が常にスピーディーに走り回っています。チームプレイが当然重要になってくるのですが、基本的に全員が攻撃し、全員が守るため、試合展開が速く、戦略においても一瞬のうちに判断する必要があります。その一瞬の駆け引きが魅力の一つです。

また、チームプレイのみならず個人プレイも非常に映えますから、ボールコントロールや試合の組み立て、見る者を圧倒させるシュートなど、試合観戦においても目が離せないスポーツと言えます。他にも、1対1の競り合いや、シュートシーンも見どころです。

歴史

バスケットボールは、1891年、ジェームズ・ネイスミス博士によってアメリカで考案されました。博士がYMCAの視察で訪れたマサチューセッツで、冬季の体育の授業に取り入れたことが始まりです。アメリカのNBAやWNBAの試合は、大リーグ野球などと同様に、世界的に人気の高いプロスポーツです。

オリンピック種目になったのは1936年ベルリン大会からです。その32年前、1904年セントルイス大会でデモンストレーションスポーツとなっていたことは、アメリカでのバスケットボール人気の高さを裏付けています。なお、女子バスケットボールがオリンピック種目になったのは、1976年モントリオール大会からです。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング