陸上競技/athletics

陸上競技/athletics

競技概要

「走る」「歩く」「跳ぶ」「投げる」などの48種目で記録を競います。

棒高跳び以外は基本的には道具を使わず、体力と体力を発揮するための技術でその記録を競います。身体のみで人類の限界に挑む普遍的な競技です。

ここがポイント!

陸上競技は、オリンピックのモットーである「より速く、より高く、より強く」という運動競技の基本を競う競技です。

種目が非常に多く、ハンマー投や走高跳などのフィールド競技、100mなど短距離走や障害物を使ったハードルなどのトラック競技、一般公道を使用するマラソンや競歩があり、それぞれが多くの種目を持っています。

歴史

陸上競技(競走)は紀元前に開催された第1回古代オリンピックで最初に行われた競技です。当時はスタジアムの長さ分(スタディオン=約191m)を走る短距離走「スタディオン走」のみが行われました。陸上競技の一部は今日まで変わらずに受継がれ、競技が行われているものもあります。人気のある陸上競技のひとつとなっている女子マラソンがオリンピック競技になったのは、1984年ロサンゼルス大会からでした。

オリンピックに日本人の陸上競技者が初めて参加したのは1912年ストックホルム大会です。1928年アムステルダム大会では、織田幹雄選手が三段跳で日本選手初の金メダルを獲得。同じ大会の女子800mでは人見絹枝選手が銀メダルを獲得しています。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング