産経ニュース

【五輪のサーフポイントから 千葉県一宮町】(上)「なみのり甲子園」初開催 大会からオリンピアンを 

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【五輪のサーフポイントから 千葉県一宮町】
(上)「なみのり甲子園」初開催 大会からオリンピアンを 

第1回全国高校サーフィン選手権で技を披露する高校生=12日、千葉県一宮町東浪見の釣ケ崎海岸(長谷裕太撮影) 第1回全国高校サーフィン選手権で技を披露する高校生=12日、千葉県一宮町東浪見の釣ケ崎海岸(長谷裕太撮影)

 「これが第一歩。ここからの積み上げが大切」-。12日、2020東京五輪のサーフィン種目開催地に選ばれた、千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で、初の高校生日本一サーファーを決める「第1回全国高校サーフィン選手権(なみのり甲子園)」が開催される中、大会実行委員長の蛸(たこ)操(みさお)さん(65)は静かに語った。オリンピック競技となり、“スポーツ”としてのサーフィンに注目が集まる中で日本のサーフィン界をどれだけ盛り上げていけるのか、試行錯誤の日々が続く。

 競技サーフィンは規定時間内に乗った波の高さや技の難易度などで審判員が得点をつけ、うち点数の高い2本の合計点で争う採点競技だ。日本サーフィン連盟によると、日本のサーフィン人口は約200万人と比較的多いが、そのうち競技としてのサーフィンを行っているのが約1万5千人と、まだまだ“スポーツ”としての認知度は低く、国内の選手を育成していく上での課題となっている。

 「サーファーも高齢化が進んでいる。若い世代から育てることが必要だと思った」と蛸さんは同大会の狙いを語る。かつては最寄り駅からサーフボードを担いで海に向かう学生の姿もあったが、最近は見なくなったという。部活動としてのサーフィンも日本においてはまれ。また、世代別の大会は今までもあったが、出場までのハードルは高く、“学生スポーツ”としては気軽な存在ではない。「高校生、というくくりは必要。年の近い者同士で切(せっ)磋(さ)琢(たく)磨(ま)することでレベルも上がっていくと思う」と蛸さんは話す。

 同大会に向けて、実行委員会は今年3月ごろから活動を開始。千葉県体育協会などの各種関係機関との連携やスポンサー探しを行い、開催にこぎ着けた。仮設施設の一部を別の大会と共有しコストカットを行うなど、予算を最小限に抑える工夫も行った。

続きを読む

このニュースの写真

  • (上)「なみのり甲子園」初開催 大会からオリンピアンを 

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング