産経ニュース

【東京五輪】自転車競技、山梨県内ルート決定「至高の感動と喜び」

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
自転車競技、山梨県内ルート決定「至高の感動と喜び」

東京五輪自転車ロードレース(男子)コース 東京五輪自転車ロードレース(男子)コース

 2020年東京五輪の自転車ロードレースのコースが9日発表され、通過地点となる山梨県の道志村と山中湖村で歓迎式典が開かれるなど、地元は喜びに沸いた。

 山梨県内の男子の通過距離は、総距離の22%にあたる約52キロ。相模原市から山梨県に入り、国道413号(道志みち)を通って山中湖畔へ。湖畔の道路を半周後、籠坂峠を越えて一度、静岡県に入った後、再び山中湖畔を周回する。

 女子は総距離の28%にあたる約41キロ。山中湖までは男子と同じルート。湖畔を半周し籠坂峠経由でゴールに向かう。

 道志、山中湖の両村では9日夕、役場で歓迎式典が開かれ、職員から「決まった。おめでとう」など喜びの声が上がった。

 道志村の長田富也村長は「非常に大きな喜びを感じる。観光振興などにつながり、大きな期待を寄せている」。山中湖村の高村文教村長も「至高の感動と喜びを分かち合いたい。『おもてなしの心』を大切に、歓迎したい」とコメント。

 山梨県の後藤斎知事も「大会開催を契機に、富士山をはじめとする魅力を世界に大きくアピールしたい」と期待感を強調した。

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング