産経ニュース

【東京五輪】開閉会式の総合統括に野村萬斎氏

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
開閉会式の総合統括に野村萬斎氏

(左から)山崎貴さん((c)SHIROGUMI INC.)、野村萬斎さん、佐々木宏さん (左から)山崎貴さん((c)SHIROGUMI INC.)、野村萬斎さん、佐々木宏さん

 2020年東京五輪・パラリンピックのハイライトの1つとなる開閉会式の制作体制が30日、決定した。2大会4式典の総合統括(チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)に狂言師の野村萬斎氏(52)、五輪担当統括に映画監督の山崎貴氏(54)、パラリンピック担当統括に佐々木宏氏(63)が就任。同日、福島県内で開かれた大会組織委員会理事会で承認された。

 野村氏ら3氏は昨年12月に8人構成で設置された開閉会式の「総合プランニングチーム」メンバー。残るメンバーで映画プロデューサーの川村元気(39)、クリエーティブプロデューサーの栗栖良依(40)、音楽家の椎名林檎(39)、クリエーティブディレクターの菅野薫(40)、演出振付家のMIKIKO(40)の5氏も、引き続き総合的な演出企画に携わる。

 「総合プランニングチーム」はこの半年間、東京大会としての統一性を意識しながら開閉会式の基本プラン作りを進めてきた。組織委の中井元チーフ・セレモニー・オフィサーはチームの仕事ぶりを高く評価した上で、「4つの式典を成功に導くには、統括する立場の方を8人の中から選定するのが、自然かつ最善であるとの結論に至った」と説明した。

 今後3氏を中心に4式典を貫く「通底コンセプト」と、式典ごとの「オリジナルコンセプト」を固め、具体的な演出企画に入る。必要に応じ各分野の専門家に加わってもらいながら、制作体制を構築していく。

 1998年長野五輪では、演出家の浅利慶太氏が総合プロデューサーを務めた。東京大会について、中井氏は「オールジャパンでいかにいいものを作るか。いろんな方に参加していただくこともしていきたい」と、チームで制作していく方針を強調した。

このニュースの写真

  • 開閉会式の総合統括に野村萬斎氏

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング