産経ニュース

【東京五輪】聖火到着は航空自衛隊松島基地 組織委の森喜朗会長が報告

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
聖火到着は航空自衛隊松島基地 組織委の森喜朗会長が報告

2020年東京五輪聖火リレー通過順 2020年東京五輪聖火リレー通過順

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は30日、東京五輪の聖火リレーについて、ギリシャで採火された聖火をまず航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)に到着させる方針を示した。同日、福島県内で開かれた福島、宮城、岩手の東日本大震災の被災3県との意見交換会の冒頭あいさつで明らかにした。

 聖火はリレーに先立ち、「復興の火」として被災3県で展示される計画。聖火リレーは20年7月26日に福島県でスタートし、全47都道府県を回る計121日間の日程が決まっている。

 森会長はまた、大会全体の暑さ対策として安倍晋三首相に法整備を申し入れているサマータイム(夏時間)導入について、時計の針を「1時間ではなく、2時間(進めたい)」と述べた。

このニュースの写真

  • 聖火到着は航空自衛隊松島基地 組織委の森喜朗会長が報告
  • 聖火到着は航空自衛隊松島基地 組織委の森喜朗会長が報告
  • 聖火到着は航空自衛隊松島基地 組織委の森喜朗会長が報告

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング