産経ニュース

【東京五輪】福島での競技開始、復興示す「力強いメッセージ」 IOC競技部長

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
福島での競技開始、復興示す「力強いメッセージ」 IOC競技部長

18日、スイスのローザンヌで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)の理事会(AP) 18日、スイスのローザンヌで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)の理事会(AP)

 国際オリンピック委員会(IOC)のマコネル競技部長は18日、スイスのローザンヌで記者会見し、2020年東京五輪の競技を東日本大震災で甚大な被害を受けた福島県でのソフトボールの日本戦で開始する日程の決定について「地域とつながり、五輪の魔法をもたらすというのがIOCの考え。(復興に向かう)被災地を発信する力強いメッセージになる」と歓迎した。

 ソフトボールは7月24日の開会式に先立って同22日に福島県営あづま球場で始まり、熱戦の火ぶたを切る。野球も同29日に開幕戦の日本戦を福島で行う。マコネル部長は「この地域で起きたこと、住民が今でも直面している困難を知ってもらう機会になる」と述べ、大会理念である「復興五輪」の意義を強調した。

 高温多湿な真夏の暑さに配慮し、マラソンは8月2日の女子、最終日の同9日に行われる男子とも午前7時スタートに設定するなど屋外競技を可能な限り早朝に設定した点については「選手に優しい大会を保証するためだ」と説明した。(共同)

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング