産経ニュース

川上量生プロデューサーが辞任 東京五輪の機運醸成事業、ドワンゴ創業者 都議会追及が引き金に?

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新


川上量生プロデューサーが辞任 東京五輪の機運醸成事業、ドワンゴ創業者 都議会追及が引き金に?

川上量生氏(川口良介撮影) 川上量生氏(川口良介撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピックの機運醸成のため大会期間前後に東京都が行う文化事業「Tokyo Tokyo FESTIVAL」(TTF)を中心となって企画する東京文化プログラム統括プロデューサーが辞任していたことが17日、都への取材で分かった。同プロデューサーはニコニコ動画を提供する「ドワンゴ」の創業者でカドカワ社長の川上量生(のぶお)氏。辞任は6月27日付。

 都は「川上氏と都の方向性にずれが生じた」と説明。一方で、小池百合子都知事の肝煎りで立ち上がったTTFの事業スキームや川上氏の起用を自民党が都議会で問題視した経緯があり、関係者の間では都議会での追及が引き金になったとの見方が出ている。

 担当者は「情報発信力のある川上氏の実績を踏まえて依頼した。代わりを見つけるのは困難」とし、後任を迎えずに企画を進める可能性が高い。TTFは川上氏の提案がきっかけで事業化されたが、今後、川上氏が関わることはないという。都は「TTFが中止になったわけではない」として、辞任を発表していなかった。

 都では舛添要一前知事時代の平成28年から、東京大会に向けた文化事業「東京文化プログラム」を実施してきた。小池氏は、国内外からさらに注目が集まる大会期間前後を重視。昨年11月に集大成の事業として32年4月からの半年間、TTFを行うと発表し、川上氏が同プロデューサーに就任した。

 しかし、今年3月の都議会で自民が、「事業スキームに川上氏の意向が大きく反映されたと聞いている。事業委託先に川上氏の関係先が入る可能性はないのか」などと指摘。答弁に立った小池氏は「透明性を持って進めていく」と強調していた。

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング