産経ニュース

【オリンピズム】嘉納治五郎と幻の東京大会(16)戦争に翻弄された選手たち

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【オリンピズム】
嘉納治五郎と幻の東京大会(16)戦争に翻弄された選手たち

 東京大会の返上後、1940年大会は、いったんヘルシンキでの開催が決まったが、戦乱拡大のため中止に追い込まれる。その後、第二次大戦終了後の48年ロンドン大会まで、五輪は開かれることはなかった。

 40、44年大会が開催されなかったことで、数多くの選手が五輪での活躍の場を奪われてしまった。もしも東京大会が実現していたならば、選手たちの歩みも大きく変わっただろう。

 ベルリン大会での「友情のメダル」で有名な棒高跳びの大江季雄は、東京でも活躍を期待された選手で、ベルリンの翌年には、全米体育協会に招かれて渡米、ニューヨークで行われた室内大会で、ベルリン金メダルのメドウスを破っている。メダルを分け合った西田修平と大江はグラウンド外でも仲がよく、大江はよく西田にアドバイスを求めたという。しかし、戦争が運命を変えた。

 38年9月、西田は大阪の高槻工兵隊に、大江は翌39年に京都・福知山の歩兵第20連隊に入隊した。41年12月、大江はフィリピンで戦死するのだが、背嚢(はいのう)の中にはベルリンで履いたスパイクシューズがあったという。

 九死に一生を得た西田は、戦後の混乱が終わった51年にニューデリーで開催された第1回アジア大会に参加。コーチ兼選手として出場し、3位に入る。41歳でのことだった。

続きを読む

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング