産経ニュース

【バドミントン】福島由紀・広田彩花組、沈黙破り「移籍説明文」発表 再春館解任の監督追い「彰宏さんと東京五輪目指すため」

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【バドミントン】
福島由紀・広田彩花組、沈黙破り「移籍説明文」発表 再春館解任の監督追い「彰宏さんと東京五輪目指すため」

アジア選手権の女子複を初制覇して帰国した福島由紀(左)と広田彩花。金メダルを手に笑顔を見せたが…=4月30日、成田空港(只木信昭撮影) アジア選手権の女子複を初制覇して帰国した福島由紀(左)と広田彩花。金メダルを手に笑顔を見せたが…=4月30日、成田空港(只木信昭撮影)

 バドミントン女子ダブルス世界ランク3位で、再春館製薬所から岐阜トリッキーパンダースに5月1日付で移籍した福島由紀、広田彩花組が9日、所属先を通じて「移籍説明文」を発表した。金銭的不正行為があったとして再春館製薬所の監督を解任された後、岐阜トリッキーパンダースに移籍した今井彰宏氏とともに「東京オリンピックを目指すため」としている。

 2人は3月末に再春館製薬所に退職届を提出。移籍についての質問には口を閉ざしてきたが、10日に東京都内で国・地域別対抗戦ユーバー杯(20日開幕、バンコク)に向けた記者会見が行われるのを前にコメントを発表した。移籍説明文全文は以下の通り。

 報道機関の皆様から移籍についてご質問をいただいていますので、今、ご説明できることを文章にしました。私たちはプレーに集中したいと思っています。記者会見では試合や練習以外のご質問には答えを控えますのでご容赦ください。

 今回の移籍理由について「もっと成長して次のチャレンジをするため」とご説明しました。もっとはっきり言うと、彰宏さんと東京オリンピックを目指すためです。

続きを読む

関連ニュース

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング