産経ニュース

【東京五輪】メダルの材料に使う廃家電回収 都庁で10万個突破 

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
メダルの材料に使う廃家電回収 都庁で10万個突破 

メダルのための廃家電回収が都庁で10万個を突破したことを受けて式典が行われ、小池百合子知事らが参加した=2日、都庁(大泉晋之助) メダルのための廃家電回収が都庁で10万個を突破したことを受けて式典が行われ、小池百合子知事らが参加した=2日、都庁(大泉晋之助)

 2020年東京五輪・パラリンピックのメダル材料に使う携帯電話などの回収が東京都庁で10万個突破した記念式典が2日、同所で開かれた。小池百合子知事は「アスリートには記録を、都民には良い記憶を残すため回収に勢いをつけ、光り輝く大会にしたい」と述べた。

 東京大会で必要なメダルは金、銀、銅あわせて約5千個。大会組織委が都や全国の自治体、携帯電話会社と連携して「都市鉱山」と呼ばれる携帯電話など廃家電を回収している。都庁では昨年2月から回収を始め、先月27日に10万個を突破した。

 北京・ロンドン両大会で体操女子団体に出場した新竹優子さん、アテネ・ロンドン両パラリンピックで車いすマラソンに出場した花岡伸和さんも式典に参加し、プロジェクトの意義を訴えた。

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング