産経ニュース

【東日本大震災7年】仙台出身のサーフィン・高橋みなと「震災風化させないため頑張りたい」

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東日本大震災7年】
仙台出身のサーフィン・高橋みなと「震災風化させないため頑張りたい」

日本サーフィン連盟の強化合宿に参加した仙台市出身の高橋みなと。高校2年生のとき、東日本大震災で被災した=千葉県鴨川市 日本サーフィン連盟の強化合宿に参加した仙台市出身の高橋みなと。高校2年生のとき、東日本大震災で被災した=千葉県鴨川市

 震災から1年後、仙台新港は開放されたが、砂浜が以前より小さくなるなど見知った風景とは変わった。東北地方にはまだ復旧作業中の海岸もある。プロサーファーが少ないことから、昨年11月に練習拠点を千葉県に移したが、故郷の海は「特別な場所」と思いをはせる。

 夜はアルバイトをして生活費などを稼ぎながら練習に励む日々のなか、「みんな震災の怖さを感じたはずなのに、それが薄れていっている気がする」と訴える。技術を磨くとともに、海を愛する一人として震災の経験を発信していく。

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング