産経ニュース

「事実があれば、誠にゆゆしき事態」梶山地方創生相 伊調馨選手への“パワハラ”告発

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新


「事実があれば、誠にゆゆしき事態」梶山地方創生相 伊調馨選手への“パワハラ”告発

伊調馨選手(左)と栄和人強化本部長 伊調馨選手(左)と栄和人強化本部長

 梶山弘志地方創生相は2日の記者会見で、女子レスリングで五輪4連覇を果たした伊調馨選手(ALSOK)が日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワーハラスメントを受けたとして、レスリング関係者が内閣府の公益認定等委員会に告発状を出した問題について「報道のような事実があれば、誠にゆゆしき事態だ。非常に遺憾で、まずは事実関係を速やかに確認する必要がある」との考えを示した。

 梶山氏は今後の調査について「公益認定等委員会において事実関係を確認し、必要に応じて適切に対応されるものと考えている。同委員会の対応を注視したい」と述べた。

 告発状では、伊調選手が練習に通っていた警視庁の施設への出入りを、栄氏が禁じたなどと訴えていた。同協会は告発内容を否定し、伊調選手も所属先を通じて「告発状については一切関わっておりません」とコメントを発表している。

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング