産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(17)冷戦崩壊の足音が聞こえ始めた

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(17)冷戦崩壊の足音が聞こえ始めた

ロス五輪体操女子で活躍したルーマニアのエカテリーナ・サボーの床運動=1984年8月(UPI=共同) ロス五輪体操女子で活躍したルーマニアのエカテリーナ・サボーの床運動=1984年8月(UPI=共同)

 東側陣営が逆にボイコットしたロサンゼルス五輪。「出場していたら、どんな活躍をしただろうか」。米国のジョーン・ベノイトが圧勝した女子マラソンで、当時の“オリンピアン”に、そう思わせる東欧の選手がいた。

 ロス五輪前の大阪女子マラソン(現大阪国際女子マラソン)に出場し、初優勝した東ドイツのカトリン・ドーレ。日本でもよく知られ、そのままロス五輪に出場すると思われていた。4年後のソウル五輪では銅メダルを獲得している。

 その走りをいまも思い描くのは、ソ連の決定に反して東欧から唯一、参加したルーマニアがロス五輪で大活躍したからでもある。体操女子の3種目で金メダルを獲得したエカテリーナ・サボーらの奮闘で、金メダル20個を含むメダル53個を獲得した。米国の174個には遠く及ばないものの、それに次ぐ成績だった。

 ルーマニアはいかにしてロス五輪に参加したのか。「独自の判断で決めた。『選手団の安全』にも問題はない。1924年のパリ五輪から途切れることなく参加し、五輪精神を尊重してきた」。ルーマニアのオリンピック委員会はロス五輪直前の会見で、ソ連を刺激したくないのか、言葉を選びながらこう話した。

 ロス五輪での好成績はソ連や東ドイツの東側強豪国が不在だったためであることは否めない。重要なのは、ソ連の決定に反してでも参加したことである。その要因は東西関係の変化にみてとれる。

続きを読む

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング