産経ニュース

【東京五輪】協賛社収入が3160億円に、準備は「総じて順調」 課題に水質問題浮上 IOC総会

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
協賛社収入が3160億円に、準備は「総じて順調」 課題に水質問題浮上 IOC総会

 国際オリンピック委員会(IOC)は7日、冬季五輪開幕を控えた平昌で総会最終日の審議を行い、2020年東京五輪の報告で準備状況を監督するコーツ調整委員長は50社に迫る国内協賛契約による収入が約29億ドル(約3160億円)に達したと明らかにした。会場整備も計画通りに進んでいるとし「総じて順調だ」と評価した。

 課題としてトライアスロン会場となる東京都お台場海浜公園周辺だけでなく、ボートやカヌー・スプリント会場の海の森水上競技場に水質問題が浮上しているとし、注視する考えを示した。

 平昌五輪の準備報告で、リンドベリ調整委員長やIOC委員から寒さ対策などの懸念は指摘されなかった。(共同)

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング