産経ニュース

【パラアーチェリーの伝道者(1)】国内大会は観客ゼロ、競技の魅力伝えられるか パラアスリートの上山友裕さん

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【パラアーチェリーの伝道者(1)】
国内大会は観客ゼロ、競技の魅力伝えられるか パラアスリートの上山友裕さん

 2020年東京パラリンピック開催に向け、障害者スポーツへの理解や注目度は高まっているが、まだまだ知名度が低い競技があるのも事実。アーチェリーもその一つといえるだろう。リオデジャネイロ・パラリンピック日本代表の上山友裕さん(30)は「(2年半後の)東京でアーチェリー会場を満員にしたい」と話し、金メダルという目標を追うだけでなく、競技の魅力をアピールすることにも力を注いでいる。

練習する上山友裕さん。アーチェリーのルールや面白さをより多くの人に伝えたいという(三菱電機提供) 練習する上山友裕さん。アーチェリーのルールや面白さをより多くの人に伝えたいという(三菱電機提供)

弓が重く感じる

 --上山さんは健常者のアーチェリーとパラアーチェリーの両方の経験があります。ルールは違うのですか

上山 車いすに座って打つ、または義足をはいて打つという違いだけで、ルールはまったく一緒です。

 --車いすに座って打つ難しさはありますか

上山 立った姿勢での視界と、車いすに座った状態での視界は全然違います。あと、アーチェリーは体全体の力を使って弓を引くので、知らないうちに足の力も使っていたんです。だから車いすに座って打つと、弓が重く感じることもありました。

 --すぐに慣れましたか

上山 二本足でバランスを取っていたのが、座骨だけで(支えて)打つので、最初は傾いて打っていました。まっすぐという意識を体に染みこませるのが一番難しかったですね。

続きを読む

このニュースの写真

  • 国内大会は観客ゼロ、競技の魅力伝えられるか パラアスリートの上山友裕さん
  • 国内大会は観客ゼロ、競技の魅力伝えられるか パラアスリートの上山友裕さん

関連ニュース

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング