産経ニュース

【カヌー薬物混入】「努力怠り、アスリートとしてあるまじき行為」鈴木康大選手が謝罪文

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【カヌー薬物混入】
「努力怠り、アスリートとしてあるまじき行為」鈴木康大選手が謝罪文

鈴木康大選手の謝罪文 鈴木康大選手の謝罪文

 昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権でライバルの小松正治選手(25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物を混入させ、8年間の資格停止処分を受けた鈴木康大選手(32)=福島県協会=が10日、代理人の弁護士を通じて直筆の文書を公表し「私の犯したことにより小松選手にいわれのない嫌疑を与えてしまい本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 文書は9日付で「私に実力がないのにもかかわらず、努力することを怠り、アスリートとして、また社会人としてあるまじき行為をした」などと反省。混入を知らずに飲んだ小松選手はドーピング検査で陽性となり、暫定的に資格停止となったが、鈴木選手が不正を認め、処分を解除された。

このニュースの写真

  • 「努力怠り、アスリートとしてあるまじき行為」鈴木康大選手が謝罪文
  • 「努力怠り、アスリートとしてあるまじき行為」鈴木康大選手が謝罪文

関連ニュース

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング