産経ニュース

【再び夢舞台へ】ママアスリート・谷真海の挑戦 “生命線”支える職人の力 1つでバイクとラン 新たな義足の開発

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【再び夢舞台へ】
ママアスリート・谷真海の挑戦 “生命線”支える職人の力 1つでバイクとラン 新たな義足の開発

谷(右)と義足の調節について話し合う義肢装具士の臼井二美男さん=東京都荒川区(田中充撮影) 谷(右)と義足の調節について話し合う義肢装具士の臼井二美男さん=東京都荒川区(田中充撮影)

 シーズン中もオフの期間も、パラトライアスロン女子の谷真海は頻繁に地下鉄に乗り、ある場所へ姿を見せる。南千住駅にほど近い「鉄道弘済会 義肢装具サポートセンター」。ここには愛用する義足の調節をしてくれる義肢装具士の臼井二美男さん(62)がいる。右脚の膝下を切断した谷が義足でスポーツに取り組んで以来、もう15年近い付き合いだ。

 骨肉腫の手術で切断したときに残った膝下部分が10センチほどしかない。転移のリスクを軽減するには仕方なかったが、残った部分が少ない。蹴り出すパワーを生み出す上でもハンディになり、何よりこの10センチで体重を支えなければならない。

 足裏から切断部を包み込むカップ状のソケットまで、わずかでもバランスが合わなければ、走ることはおろか、その場に立っていることすらできない。義足の調整はまさに“生命線”。谷の臼井さんへの信頼は厚い。

 競技用の義足は、バイク(自転車)用に底がビンディングでペダルと固定できるタイプと、ラン用の2種類。用具の性能は進化が目覚ましい。たとえば、ソケット部分に使用するシリコンは汗がたまりやすく競技中も滑る危険があったが、今春からは通気性に優れたシリコンが商品化された。

 それでも、大会や練習で感じた改善点はどれだけやっても解消されるものではない。最後は“職人”の力が必要だ。

続きを読む

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング