産経ニュース

【大前恵の勝つための食育】2020年に金メダル狙う侍ジャパン・稲葉篤紀監督からの注文とは

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【大前恵の勝つための食育】
2020年に金メダル狙う侍ジャパン・稲葉篤紀監督からの注文とは

侍ジャパンを率いる稲葉監督から食事について提案があった(荒木孝雄撮影) 侍ジャパンを率いる稲葉監督から食事について提案があった(荒木孝雄撮影)

 2020年に金メダル獲得を狙う野球の日本代表「侍ジャパン」の新監督に稲葉篤紀(あつのり)さん(45)が就任しました。

 稲葉さんは、私が栄養サポートを担った「小久保ジャパン」でも打撃コーチを務められていました。さわやかな笑顔のスポーツキャスターの印象そのままで、チーム内でも常にポジティブな空気を出している人です。

 もちろん、監督という立場になれば、選手との距離感も変わるのかもしれませんが、コーチ時代の稲葉さんはいつも周りを選手たちが囲んでいるイメージがありました。私もそんな場面に遭遇したことがあります。

 2016年11月に東京ドームで行われていた強化試合の期間中。日本ハムの選手たちが中心となっていた食事のテーブルで話し込んでいると、選手が声をかけ稲葉さんも合流されました。

 ティータイムになったとき、ある選手が「あれっ、稲葉さんの大好きなシュークリームが置いていない」と言い出しました。食事のメニューは栄養面から考えてありますが、少しくらいは甘い物も用意しようと、ケーキやプリンなど数種類のスイーツもそろえるようにしていました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 2020年に金メダル狙う侍ジャパン・稲葉篤紀監督からの注文とは
  • 2020年に金メダル狙う侍ジャパン・稲葉篤紀監督からの注文とは

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング