産経ニュース

【東京五輪】カナダ代表で夢の大舞台へ 柔道女子の山梨学院、出口クリスタ 新たな挑戦

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
カナダ代表で夢の大舞台へ 柔道女子の山梨学院、出口クリスタ 新たな挑戦

カナダ代表で東京五輪を目指す柔道女子57キロ級の出口クリスタ(右)=1日、日本武道館 カナダ代表で東京五輪を目指す柔道女子57キロ級の出口クリスタ(右)=1日、日本武道館

 柔道女子57キロ級のホープ、山梨学院大の出口クリスタが、父の母国のカナダ代表として2020年東京五輪を目指す決意を固めた。日本の厳しい代表争いを考慮し、悩んだ末に決断。「最終目標は五輪の優勝」と夢の大舞台へ邁進(まいしん)する。

 母は日本人で、生まれも育ちも長野県。同県内で英語講師をする父が「護身術をさせたい」と思ったのがきっかけで、3歳で柔道を始めた。

 切れ味鋭い大外刈りを武器とし、松商学園高1年時に52キロ級で全国高校総体を制覇。愛らしいルックスも相まって注目度が急上昇した。

 山梨学院大に進学後は伸び悩み、今夏は57キロ級で同学年の芳田司(コマツ)が世界選手権で銀メダルに輝いた。日本代表への思いも強かったが「まずは(五輪に)出ないと話にならない」と発想を転換。高校時代から誘われていたカナダ代表への道を選択した。

 10月に全日本学生体重別選手権で2連覇を達成し、学生の大会は“卒業”。来春からは日本生命に進み、引き続き日本を拠点とする。

 12月のグランドスラム東京大会はカナダ代表で出場を予定しており、山梨学院大の山部伸敏女子監督は「日本人の一番の敵になってほしい」とエールを送る。

 カナダ勢はこれまで男女とも五輪、世界選手権で金メダルがない。21歳の出口は「初の金を狙っていく」と強い決意を胸に抱き、新たな挑戦を始める。

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング