産経ニュース

五輪選手が人質に!トレセンでテロ対策訓練 警視庁

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新


五輪選手が人質に!トレセンでテロ対策訓練 警視庁

選手らが人質になったと想定して行われたテロ対策訓練=10日午前、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター 選手らが人質になったと想定して行われたテロ対策訓練=10日午前、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

 2020年の東京五輪・パラリンピックに備え、警視庁は10日、代表選手らの強化拠点である東京都北区の「味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)」でテロ対策訓練を実施した。

 訓練は、NTCに機関銃で武装したテロリストが侵入し、選手や女性職員を人質に取ったと想定。テロ発生時に銃器で対応する緊急時初動対応部隊(ERT)が人質を解放し、警備犬とともに犯人役を取り押さえた。テロリストが猛毒のサリンをまき散らしたとの状況も想定し、NBC(核・生物・化学)テロに対応する部隊が周囲を除染する手順も確認した。

 警視庁は、選手村や競技会場で選手を狙った襲撃や、不特定多数が集まり警備が比較的緩やかな「ソフトターゲット」を狙ったテロへの警戒を強化している。管内にNTCがある警視庁赤羽署の村瀬智行署長は、訓練後に「海外のアスリートにも安心して五輪に参加してもらえるよう、テロ対策に全力を尽くしていく」と話した。

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング