産経ニュース

【IOC】ブラジル・オリンピック委員会会長を逮捕 リオ五輪をめぐる買収関与か 東京五輪招致疑惑再燃も リオ問題とキーマン共通

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【IOC】
ブラジル・オリンピック委員会会長を逮捕 リオ五輪をめぐる買収関与か 東京五輪招致疑惑再燃も リオ問題とキーマン共通

ヌズマン氏(共同) ヌズマン氏(共同)

 昨夏のリオデジャネイロ五輪を巡り、開催都市決定で投票権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)委員の買収に関わった疑いでブラジル・オリンピック委員会のカルロス・ヌズマン会長が5日に逮捕された。同国の司法当局と協力するフランス当局は2020年東京五輪招致も捜査している。

 両五輪の招致問題で渦中にいるキーマンが、当時IOC委員として影響力があったラミン・ディアク前国際陸連会長と息子のパパマッサタ・ディアク氏だ。捜査情報によると、票を買う目的でブラジル企業からP・ディアク氏に200万ドル(約2億2500万円)の支払いがあった。ディアク親子は東京五輪招致でも多額の資金を受け取った疑惑が持たれている。

 日本オリンピック委員会(JOC)が設置した外部調査チームはP・ディアク氏と関係があるとされるシンガポールのコンサルタント会社に支払った総額2億円超に違法性はないと昨秋に結論付けた。(共同)

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング