産経ニュース

【東京五輪】竹田恒和氏「責任の重さ感じる」 IOC委員の定年延長、任期は20年五輪まで

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
竹田恒和氏「責任の重さ感じる」 IOC委員の定年延長、任期は20年五輪まで

JOCの竹田恒和会長 JOCの竹田恒和会長

 国際オリンピック委員会(IOC)は15日の総会で、日本でただ一人のIOC委員である日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(69)について、原則70歳の定年を延長し、任期を2020年東京五輪までとすることを決めた。

 12年にIOC委員に就任した竹田氏は11月で70歳となり、定年延長がなければ年末で退任するはずだった。竹田氏は「東京五輪があり、日本人の委員が1人ということで支援をいただいた。責任の重さを感じている」と述べた。

 東京五輪の準備状況を監督する調整委員長のコーツ氏(オーストラリア)ら16人のIOC委員が再任された。コーツ氏は任期満了で副会長からは退き、後任に元副会長のデフランツ理事(米国)が就いた。理事にはオズワルド委員(スイス)が復帰し、ミッチェル委員(フィジー)ホベルツ委員(アルバ)も選出された。新委員は国際ボート連盟のロラン会長(フランス)ら8人。(共同)

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング