産経ニュース

【東京五輪】改革指針「五輪アジェンダ2020」の効果説明 IOC総会でプレゼン

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
改革指針「五輪アジェンダ2020」の効果説明 IOC総会でプレゼン

 国際オリンピック委員会(IOC)は14日の総会で2014年に採択した中長期改革の指針「五輪アジェンダ2020」の実行状況を検証し、20年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、開催都市提案による追加種目の導入や既存施設の活用など指針に沿った取り組みの意義や効果をアピールした。

 プレゼンテーションを行った組織委の室伏広治スポーツディレクターはスケートボードやサーフィンなど若者に人気の競技を追加種目として採用したことで、「(五輪が)より多くの観客を引き込むことができる」と強調。武藤敏郎事務総長はビデオメッセージで、会場計画の見直しにより既存施設の割合が40%から60%に上昇し、建設コスト圧縮に成功した点を紹介し「新たな時代の持続可能な大会のモデルを示した」と述べた。(共同)

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング