産経ニュース

【陸上】100メートル9秒98の桐生祥秀、200メートルは棄権 日本学生対校陸上

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【陸上】
100メートル9秒98の桐生祥秀、200メートルは棄権 日本学生対校陸上

笑顔で記者の質問に答える桐生祥秀=福井県営陸上競技場 笑顔で記者の質問に答える桐生祥秀=福井県営陸上競技場

 陸上の日本学生対校選手権最終日は10日、福井県営陸上競技場で行われ、日本人で初めて男子100メートルで10秒の壁を突破する9秒98を前日にマークした桐生祥秀(東洋大)は、コンディションを考慮して200メートルの準決勝を棄権した。

 女子800メートルは北村夢(日体大)が日本歴代2位となる2分0秒92の日本学生新記録で初優勝。女子200メートルは中村水月(大阪成蹊大)が23秒81で制し、100メートル、400メートルリレーと合わせて3冠に輝いた。七種競技は山崎有紀(九州共立大)が5550点の大会新記録で勝った。

 男子800メートルは村島匠(順大)が1分47秒92の大会新記録で初優勝し、3000メートル障害は塩尻和也(順大)が8分34秒80で3連覇した。対校得点の男子は日大が6年連続20度目、女子は日体大が41年ぶり8度目の優勝を飾った。

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング