産経ニュース

【東京五輪が危ない】(上)灼熱38℃ 選手と観客襲う 男子マラソン「過去120年で最も暑い環境」

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪が危ない】
(上)灼熱38℃ 選手と観客襲う 男子マラソン「過去120年で最も暑い環境」

 脱水症状でよろめきながら、一歩一歩ゴールを目指すガブリエラ・アンデルセン(スイス)に、スタンドの観衆が立ち上がって声援を送る-。

 “美談”として語り継がれる1984年ロサンゼルス五輪女子マラソンのワンシーンが、2020年東京五輪で再現されることを危惧する人がいる。

 「フラフラになりながらゴールする姿は感動的と思われがちだが、命の危険を伴う。日本の夏は湿気の高さが特徴で、特にヨーロッパなど海外の選手には過酷だと思う」

 1996年アトランタ五輪陸上女子日本代表で、2003年世界選手権女子マラソン銅メダリストの千葉真子さんが、首都・東京に潜む危険を指摘した。

建設中の新国立競技場=東京都新宿区(共同通信社ヘリから) 建設中の新国立競技場=東京都新宿区(共同通信社ヘリから)

 東京五輪の会期は7月24日から8月9日までの17日間。東京では昨年のこの期間、最高気温が30度を超える日が12日あった。そのうち、東京五輪男子マラソンが行われる予定の8月9日に至っては38度の猛暑日だった。今年も7月5日以降、真夏日が続いている。

 東京消防庁によると、都内ではここ数年、7、8月はそれぞれ1千人以上が熱中症で救急搬送されている。本番でもアスリート、観客ともに厳しい環境にさらされることが予想される。

 東京都は暑さ対策として、競技会場周辺に霧状の水をまくミストシャワーを設置する。選手が感じる暑さを和らげるため、路面の温度上昇を抑える特殊な舗装などを施す。打ち水の普及を図るなど、街を挙げての“おもてなし”も計画しているが…。

 1912年ストックホルム五輪男子マラソンでは、ポルトガル選手が脱水症状で意識を失い、翌日帰らぬ人となった。近代五輪初の死者だった。

 米メディアは、科学誌「ジャーナル・オブ・スポーツ・サイエンス」のデータをもとに、最も過酷だったのは1900年パリ五輪の男子マラソンだったとしている。当時の気温は35~39度で、半数を超える選手が途中棄権に追い込まれたという。

 「東京五輪での男子マラソンが気温38度、もしくはそれ以上の中で行われることになれば、少なくとも過去120年で最も暑い環境下での開催となりそうだ」(米メディア)

 湿度の高い日本で行われる東京五輪は、体感温度が過去の五輪よりも上がる可能性が高い。特に長時間にわたって走り続けるマラソンは、灼熱(しゃくねつ)の太陽の下、多くの選手や観客が熱中症となる恐れがある。

 千葉さんは「アスリートファーストという観点でいえば、午前5時頃のスタートが良いと思う」と提言している。大会組織委員会も、当初計画で午前7時半となっているスタートを前倒しする可能性を否定していない。猛暑への備えを進める東京五輪だが、「最大の懸案」はほかにある。

続きを読む

このニュースの写真

  • (上)灼熱38℃ 選手と観客襲う 男子マラソン「過去120年で最も暑い環境」
  • (上)灼熱38℃ 選手と観客襲う 男子マラソン「過去120年で最も暑い環境」
  • (上)灼熱38℃ 選手と観客襲う 男子マラソン「過去120年で最も暑い環境」
  • (上)灼熱38℃ 選手と観客襲う 男子マラソン「過去120年で最も暑い環境」
  • (上)灼熱38℃ 選手と観客襲う 男子マラソン「過去120年で最も暑い環境」

関連トピックス

関連ニュース

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング