産経ニュース

【東京五輪】見直し効果2千~3千億円 小池百合子都知事が見通し

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
見直し効果2千~3千億円 小池百合子都知事が見通し

会見で記者の質問に答える小池百合子都知事=12日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 会見で記者の質問に答える小池百合子都知事=12日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 東京都の小池百合子知事は12日の定例会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの総予算に関して、大会組織委員会、国との3者協議での見直しにより、経費圧縮と組織委の増収などで2千億~3千億円の効果額が出せるとの見通しを示した。

 都外の競技会場の仮設整備費を都が原則負担する方針を改めて説明。経費の分担枠組みについても、都と国、組織委、関係自治体で「5月中の大枠合意を目指し、議論を加速して取りまとめていきたい」と述べた。

 組織委が昨年12月に発表した総予算は1兆6千億~1兆8千億円で、組織委の収入は5千億円。小池氏は3者協議で経費圧縮、組織委増収、国の負担に関しても話し合っているとし、「現時点で2千億~3千億円の見直し効果が出せる」と語った。

 一方、組織委の武藤敏郎事務総長は同日、報道陣に「数字の中身はよく分からない。都によって削減されるという決意を表明されたのではないかと私は理解している」などと発言。都と組織委の足並みの乱れが続いている格好だ。

 都によると、経費見直しでは会場の電源整備費の削減などを想定。安倍晋三首相と小池氏は11日、国がセキュリティーとドーピング対策を行うことを確認しており、都はこれによって組織委の大会総予算の同種項目の経費が圧縮されていくとの見通しを示した。見直し効果額の内訳に関しては「精査中」としている。

「東京五輪」のランキング