産経ニュース

【東京五輪】「時間だけが過ぎた」 特別委で自民都議が小池百合子知事を批判 7月の都議選に向け攻勢

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
「時間だけが過ぎた」 特別委で自民都議が小池百合子知事を批判 7月の都議選に向け攻勢

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた東京都議会特別委員会が11日、開かれた。小池百合子知事が都外の競技会場の仮設整備費の全額負担を表明したことをめぐり、自民党は「時間だけが過ぎた」などと批判。7月の都議選に向け、攻勢を強めていくとみられる。

 委員会の冒頭、都幹部が仮設整備費の負担方針を説明。委員会室には小池氏と対立し、今期限りで議員を引退する自民党の重鎮、内田茂氏も傍聴に駆けつけた。

 質疑に立った自民の川松真一朗氏は今年に入って国、大会組織委員会との首脳会談が開かれていないとする答弁を引き出した上で、「小池氏が先頭に立って全力でお願い、説得する責任があるのに動いてこなかった」などと主張した。

 財源を確保するためには議会の議決が必要なのに事前に説明がなかったとし、「情報公開、都民ファーストの観点からブラックボックスといわざるをえない」と指摘。仮設整備費の金額が確定していないことをめぐり「分からないのに全部持つと約束した。ワイズ・スペンディング(賢い支出)なのか」と言うなど、小池氏が多用するフレーズを使いながら批判した。

続きを読む

「東京五輪」のランキング