産経ニュース

高1プロの吉川選手、スケードボード世界大会へ 胸躍らせ練習に熱 「世界のすごさ味わってくる」

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新


高1プロの吉川選手、スケードボード世界大会へ 胸躍らせ練習に熱 「世界のすごさ味わってくる」

「トッププロのすごさを楽しんできたい」と世界を見据える吉川楓選手=茨城県下妻市のWaiwaiドームしもつま 「トッププロのすごさを楽しんできたい」と世界を見据える吉川楓選手=茨城県下妻市のWaiwaiドームしもつま

 スケートボード選手として活躍する茨城県立明野高(同県筑西市)1年の吉川楓(かえで)選手(16)が18日からスペイン・バルセロナで開催される世界大会に出場する。アジア代表選手として国内からは唯一の出場で、世界の強豪がそろう大会を前に調整に熱が入っている。(田中千裕)

 吉川選手は、昨年11月に中国・上海で開かれたアジア大会で優勝。国内大会の実績もあるため、日本スケートボーディング連盟の推薦を受け、日本代表としてアジアトップから世界の頂点を目指して一気に羽ばたくことになった。

 吉川選手とスケートボードの出会いは5歳のとき。テレビで興味を覚え、父親の洋一さんに「やってみたい」とねだったのが始まりだった。以来、10年にわたって宇都宮市の専用コースなどに通い、腕を磨いてきた。

 これまでにも国内大会で数々の好記録をマーク。下妻市立東部中2年の時に、スケートボードメーカーとプロ契約を結び、器材提供などを受け、この春まで「中学生プロ」として活躍してきた。

続きを読む

「東京五輪」のランキング