産経ニュース

【東京五輪】野球場改修、福島県知事「仮設負担は他県と連携」

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
野球場改修、福島県知事「仮設負担は他県と連携」

福島県の内堀雅雄知事(野田佑介撮影) 福島県の内堀雅雄知事(野田佑介撮影)

 福島県の内堀雅雄知事は21日の定例会見で、2020年東京五輪の野球・ソフトボールの会場に決まった県営あづま球場(福島市)について、五輪でのみ使う仮設施設の改修費用は、東京都以外で開催地となる宮城県や神奈川県などとともに大会組織委員会と負担割合を協議していく考えを示した。

 内堀氏は仮設施設の改修について「同様の状況にある他の自治体と連携しながら、しかるべき対応を求めていきたい」と述べた。常設施設は「一定の改修は五輪のあるなしに関わらず、やるべきタイミングが来る」として、県主体で改修していくとの認識を示した。

 昨年11月にあづま球場を視察した世界野球ソフトボール連盟は、内野の芝生化や施設改修を要求。内堀氏は、どの施設が仮設に該当するのかは明言しなかった。

「東京五輪」のランキング