産経ニュース

【東京五輪異聞】ゴルフ競技場問題を考える 日曜を除き女性がプレーできる霞ケ関CC

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪異聞】
ゴルフ競技場問題を考える 日曜を除き女性がプレーできる霞ケ関CC

理事会後、取材に応じる霞ケ関CCの木村希一理事長=2月7日午後、東京都中央区 理事会後、取材に応じる霞ケ関CCの木村希一理事長=2月7日午後、東京都中央区

 ゴルフ関係者によると、霞ケ関CCは定款、細則を東京都側に提出し、問題が生じた場合はその都度協議することで合意していたという。IGFは十数回にわたって霞ケ関CCを視察し、「何回も霞ケ関で女性がプレーをしているのを見ている」とゴルフ関係者は強調。さらに「都は(女性正会員問題を)きちんと解決せずにスルーし、ファイルを提出したのだろうか」と疑問を呈した。

 霞ケ関CCは五輪会場となることを会員総会に諮って、会員の総意を取った。さらに十数億円を掛けて、五輪会場にふさわしい改修にも着手。着々と準備を進めている今年1月になって「会員問題」が発生した。すでに2度、会員に経緯の説明を行っている。会員の中には自ら立候補したわけではなく、一度承認していながらの騒動に不信感を募らせる意見が出ているという。あるゴルフ関係者は「霞ケ関CCが最大の被害者と感じた」と同情していた。

 14世紀が発祥とされるゴルフ。女性禁制の社交場として発展し、男子貴族の聖域だった。設立の古いゴルフクラブこそ、伝統を継承しているところは多い。1754年に創設された「ロイヤル・アンド・エンシェント・クラブ」(R&Aクラブ)は創設当初から女性の入会を認めない方針を貫いてきた。

 転機は2012年8月、米国のオーガスタ・ナショナルGC(1934年オープン)が女性を会員に迎えたことだ。歴史的に男性にしか入会を認めてこなかったが、長年マスターズのスポンサーを務めてきた米IBMに12年、女性CEO(最高経営責任者)が就任したことで、彼女を会員に迎えるべきかという問題を突きつけられ、禁を解く格好となった。

続きを読む

このニュースの写真

  • ゴルフ競技場問題を考える 日曜を除き女性がプレーできる霞ケ関CC

「東京五輪」のランキング