産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】都市鉱山4600個 満員電車緩和へ快適通勤ムーブメント 五輪仮設費用、都として主導的な役割を担う 豊洲仮設建築物の違反「厳しく反省」

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
都市鉱山4600個 満員電車緩和へ快適通勤ムーブメント 五輪仮設費用、都として主導的な役割を担う 豊洲仮設建築物の違反「厳しく反省」

プレミアムフライデーのキックオフイベント「東京エキマチ乾杯」に出席した(左から)三菱地所の杉山博孝社長、東京都の小池百合子知事、青空市場の永島敏行代表 =24日午後、東京都千代田区(福島範和撮影) プレミアムフライデーのキックオフイベント「東京エキマチ乾杯」に出席した(左から)三菱地所の杉山博孝社長、東京都の小池百合子知事、青空市場の永島敏行代表 =24日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)

 「そういう中でも、いろいろと裁判なども経て、裁判というか、いろいろな、実際に被害者が出たりというようなことになると、そこで厳しくしようという動きになる。環境こそ予防的に進める必要があるわけでございまして、今のご提案というのは厳しく受け止めたいと思います」

 「そういう法律が作られる中で、これまでどういうところが緩んできたのか、もともとの原案からどうしてこうなったのかなどというのは、私はジャーナリストの皆さんとすれば、チェックをする一番いい対象なのではないかなと思うのです」

 「そういったことからですね、『あまりにも厳しくすると…』と言うのだけれど、例えば、全然話は違いますけれども、カリフォルニアの車の排気基準などでマスキー法というので、『これは無理だろう』と言っていたところを、ホンダがその技術を超えて、省エネの車かつエコ、大気汚染の防止ということにつながったということなどを考えれば、こういった環境については、私はむしろ厳しくやることをセットすること、それが規則であれ基準であれというのは、私は結果としていい方向に行くのではないか、こう思っております。水俣についても同じことが言えると思っております。ご提案として受け止めさせていただきます」

 --東京五輪での農産物などの食の調達基準について、選手村で使用する農産物に、認証制度であるGAPの取得が義務付けられた場合、これについて知事がどのように考えているか

 「今、具体的にお答えできるかどうか分かりませんけれども、例えば、木材についても、合法伐採されたものかどうかということの認証を受けると、それらの合法な木材を活用しているのかどうか。それから、遠くから運ばれるのではなくて、地産地消の観点からも、そういった多摩産材などを使うという話。これらについても、なかなかそうはできない部分についてはサポートする、そういう制度を考えているところであります」

続きを読む

「東京五輪」のランキング