産経ニュース

アメフット試合中の危険行為

5月6日、アメリカンフットボールの関西学院大学と日本大学の定期戦で日大選手による悪質な反則行為で関学大の選手が負傷した。これを受け、関東学生アメリカンフットボール連盟は、追加的な処分内容が決まるまで日大の当該選手の対外試合出場を当面禁止。春季オープン戦の日大が出場する予定だった3試合についても中止を決めた。

トップニュース

更新

「日大、責任者(監督)とともに謝罪すべし」

 --監督の指示があったのか、選手の判断によるプレーだったのかが一つの判断になると思うが、日大のチーム運営、体制についてメッセージがあれば 鳥内秀晃監督「(日大の)内田監督も次の日にビデオを見て、『ウチの選手がとんでもないことをしてしまった』と分かればわれわれや選手、保護者に何らかの謝罪があってしか…【続きを読む】

この特集のニュース

「スポーツ」のランキング