産経ニュース

FIFA汚職

FIFA汚職

利権がらみの噂が絶えなかった「FIFA」の幹部がついに逮捕され、5選が決まったばかりのブラッター会長も辞任を表明した。サッカーW杯招致や理事選での賄賂など「金権体質」の全貌は明らかになるのか

トップニュース

更新

投票買収の証拠見つからず ドイツ連盟、06年W杯招致で調査発表

 ドイツ・サッカー連盟は4日、同国で2006年に開催されたワールドカップ(W杯)の招致をめぐる買収疑惑などに関する内部調査の結果を発表した。00年7月の国際サッカー連盟(FIFA)理事会による開催地を決める投票に際しての買収について「買収を裏付ける証拠は見つからなかったが、否定はできない」とした。【続きを読む】

この特集の写真

  • 【FIFA汚職】プラティニ氏がCASに提訴、6年間の活動停止処分の取り消し求める
  • 【FIFA会長選】新会長にインファンティノ氏を選出 2回目投票で過半数 弁護士出身、信頼回復なるか
  • 【FIFA会長選】欧州連盟のインファンティノ氏、最多88票も3分の2に届かず 2回目の投票へ
  • 【FIFA会長選】サルマン氏支持を確認 アフリカ連盟
  • 【FIFA汚職】ブラッター氏とプラティニ氏の活動停止 8年から6年へ 上訴委、貢献考慮し決定
  • 【FIFA汚職】ベッケンバウアー氏に処分、調査に非協力的として罰金
  • 【FIFA汚職】プラティニ氏が不正を否定 上訴委の聴聞会で
  • 【FIFA会長選】フランス連盟はインファンティノ氏支持 UEFA事務局長
  • 【FIFA汚職】スイス司法当局、ブラッター氏起訴へ証拠提供受ける 英国メディアが報道
  • 【FIFA汚職】会長選挙は当面行わず 欧州サッカー連盟 プラティニ氏は活動停止処分

この特集のニュース

「スポーツ」のランキング