産経ニュース

ジャパネット杯 春の高校バレー

ジャパネット杯 春の高校バレー

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第68回全日本バレーボール高校選手権大会が開幕。都道府県予選を勝ち抜いた男女計104校が、高校日本一を目指して熱戦を繰り広げる。

トップニュース

更新 写真あり

力に追いついた「心」 下北沢成徳、最後につかんだ頂点

 2年生エース黒後愛のスパイクが相手ブロックをはじき飛ばすと、割れんばかりの大歓声が下北沢成徳に降り注いだ。ノーシードから駆け上がっての日本一。「年が明けてこんな大きな喜びがあるとは…」。60歳の小川良樹監督は実感を込め、教え子たちを見詰めた。【続きを読む】

この特集の写真

  • 【春高バレー】力に追いついた「心」 下北沢成徳、最後につかんだ頂点
  • 【春高バレー】鍛え上げた「つなぎ」で連覇 東福岡、サッカー部の応援も励みに
  • 【春高バレー】昨夏に変身、リーダーの自覚「もっとうまく」 八王子実践・野嶋華澄主将(3年)
  • 【春高バレー】ブロック磨き頂点…背中押してくれた母に感謝 下北沢成徳・小茂田夏海選手(3年)
  • 【春高バレー】女子、下北沢成徳が3大会ぶりV 男子は東福岡連覇
  • 【春高バレー・女子結果】下北沢成徳がV 八王子実践にストレート勝ち
  • 【春高バレー】男子は東福岡が史上7校目の大会連覇 鎮西との九州勢対決制す
  • 【春高バレー】エース宮部、悔し涙 連覇逃した金蘭会
  • 【春高バレー】「明るく楽しく」八王子実践、32大会ぶりVへあと1勝
  • 【春高バレー】下北沢成徳、ブロックが猛威 3大会ぶりVへ八王子実践と決戦

この特集のニュース

「スポーツ」のランキング