産経ニュース

【全米テニス】大坂なおみ、四大大会初の4強 錦織圭は2年ぶり 第10日

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【全米テニス】
大坂なおみ、四大大会初の4強 錦織圭は2年ぶり 第10日

 男子シングルス準々決勝 マリン・チリッチに勝利し4強入りした錦織圭=ニューヨーク(共同)  男子シングルス準々決勝 マリン・チリッチに勝利し4強入りした錦織圭=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン第10日は5日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス準々決勝で第20シードの大坂なおみ(日清食品)が世界ランキング36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6-1、6-1のストレートで破り、四大大会初の準決勝進出を決めた。同種目の日本勢としては全米初、四大大会では1996年ウィンブルドン選手権の伊達公子以来22年ぶりの4強となった。

 男子シングルス準々決勝では、第21シードの錦織圭(日清食品)が2014年の決勝で敗れた第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を2-6、6-4、7-6、4-6、6-4のフルセットで破った。14年、準決勝で屈した16年に続き、2年ぶり3度目の4強入りを果たした。

 日本勢のアベック4強は四大大会で初めて。大坂は6日(日本時間7日)、錦織は7日(同8日)に準決勝に臨む。

このニュースの写真

  • 大坂なおみ、四大大会初の4強 錦織圭は2年ぶり 第10日

「スポーツ」のランキング