産経ニュース

【全米テニス】錦織圭「この勝利を自信に」 2年ぶりのベスト8 酷暑でも「完璧」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【全米テニス】
錦織圭「この勝利を自信に」 2年ぶりのベスト8 酷暑でも「完璧」

 男子シングルス4回戦でフィリップ・コールシュライバーを下した錦織圭=ニューヨーク(共同)  男子シングルス4回戦でフィリップ・コールシュライバーを下した錦織圭=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク=上塚真由】30度を超える気温と高い湿度という過酷なコンディションの中、錦織は「ほぼ完璧に近いテニス」で、全米で2年ぶりとなるベスト8進出を決めた。

 第1セットの最初のサービスゲームでブレークポイントを握られたが、それをしのぐと続く第2ゲームでブレークを奪い、リズムをつかんだ。暑さで集中力を乱してミスが連発した相手コールシュライバーに対し、錦織は安定したサーブと精度の高いショットで冷静にプレーし、第1、2セットを連取。第3セットはシーソーゲームの展開になったが、5-5からの第11ゲームをブレークして突き放した。

 「暑いながらも、がむしゃらに次のポイントだけを考えてプレーして、冷静に試合を運ぶことができた。この勝利を自信に次も頑張りたい」

 準々決勝では、2014年の全米決勝で敗れたマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。「4年前の決勝はすごいナーバスになった試合。チリッチと戦うことは決勝を思い出させ、特別な思いがある」。因縁の相手に雪辱を果たせば、再び決勝の舞台に駆け上がるチャンスを手に入れる。

このニュースの写真

  • 錦織圭「この勝利を自信に」 2年ぶりのベスト8 酷暑でも「完璧」

「スポーツ」のランキング