産経ニュース

三菱電機、甲子園球場の新型メーンビジョンを受注 3画面を1画面に統合

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


三菱電機、甲子園球場の新型メーンビジョンを受注 3画面を1画面に統合

阪神甲子園球場に新たに設置される大型スクリーンのイメージ(上)。現在の映像装置(下)は3面に分かれている 阪神甲子園球場に新たに設置される大型スクリーンのイメージ(上)。現在の映像装置(下)は3面に分かれている

 三菱電機は27日、今年11月から改装が始まる阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)のメインビジョンシステムを受注したと発表した。現在も三菱電機製が使われているが、改装後は選手名やスコアなどを表示していた2つの画面と、審判名表示部の3つに分かれていたメインビジョンのスクリーンを1画面に統合する。

 改装で、審判名部分を除く画面サイズは現状より約1.6倍に大型化し、迫力のある映像を提供できるほか、表示の自由度が高まるという。新型スクリーンは来年3月のプロ野球オープン戦から運用される予定。

このニュースの写真

  • 三菱電機、甲子園球場の新型メーンビジョンを受注 3画面を1画面に統合
  • 三菱電機、甲子園球場の新型メーンビジョンを受注 3画面を1画面に統合
  • 三菱電機、甲子園球場の新型メーンビジョンを受注 3画面を1画面に統合
  • 三菱電機、甲子園球場の新型メーンビジョンを受注 3画面を1画面に統合

「スポーツ」のランキング