産経ニュース

【プロ野球】ソフトバンク・松田宣浩、エンジン全開 3安打3打点でチームの8連勝を牽引

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球】
ソフトバンク・松田宣浩、エンジン全開 3安打3打点でチームの8連勝を牽引

八回、本塁打を放ちポーズを決めるソフトバンク・松田宣浩=25日、ヤフオクドーム(仲道裕司撮影) 八回、本塁打を放ちポーズを決めるソフトバンク・松田宣浩=25日、ヤフオクドーム(仲道裕司撮影)

 ソフトバンクの松田宣浩といえば、本塁打を放ってベンチに戻った際、右拳を突き上げるパフォーマンスが代名詞。この日は恒例の“儀式”が、満員の本拠地で2度、繰り広げられた。2本塁打を含む3安打3打点でチームの8連勝を牽(けん)引(いん)した背番号3は「自分らしいスイングができた」と充実感を漂わせた。

 チームの先制点を呼び込んだのも、松田のバットだった。2死一、二塁で迎えた一回の第1打席では、先制の適時打を左前へ。四回と八回には効果的な一発を放ち、勝利を決定づけた。

 六回には四球を選び、この日は全打席で出塁。工藤公康監督も「しっかり打つべきボールを選んでいるからこそ、ホームランやヒットになる」と卓越した選球眼を評価した。

 春先は打撃不振に苦しんだが、8月の月間打率は4割を超えるなど好調を維持する。内川聖一、アルフレド・デスパイネといった主力が離脱する中にあって、35歳のベテランがチームをもり立てている。

 この日は先発のアリエル・ミランダが八回終了時点までノーヒットノーランの好投。投打の歯車がかみあったチームは、首位西武に6ゲーム差に迫った。「一試合一試合、勝つことだけを意識したい」と松田。一戦必勝のスタイルで首位の背中を追う。(浅野英介)

このニュースの写真

  • ソフトバンク・松田宣浩、エンジン全開 3安打3打点でチームの8連勝を牽引
  • ソフトバンク・松田宣浩、エンジン全開 3安打3打点でチームの8連勝を牽引
  • ソフトバンク・松田宣浩、エンジン全開 3安打3打点でチームの8連勝を牽引
  • ソフトバンク・松田宣浩、エンジン全開 3安打3打点でチームの8連勝を牽引

「スポーツ」のランキング