産経ニュース

【ボクシング】高山勝成選手が仲裁申し立て アマ登録求め

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ボクシング】
高山勝成選手が仲裁申し立て アマ登録求め

東京五輪を目指し、スポーツ仲裁を申し立てたボクシングの高山勝成(右) 東京五輪を目指し、スポーツ仲裁を申し立てたボクシングの高山勝成(右)

 ボクシングの元世界王者で、2020年東京五輪出場を目指してアマチュア復帰を希望している高山勝成選手(35)=名古屋産大=が6日、日本ボクシング連盟への競技者登録を求め、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に仲裁申し立ての手続きを行った。代理人の弁護士を伴い、大阪市内で記者会見した同選手は「置かれている状況を一日でも早く打開できるようにしたい」と話した。

 高山選手は昨年4月にプロを引退。国際ボクシング協会(AIBA)は16年リオデジャネイロ五輪からプロ選手の出場を解禁したが、日本連盟はプロ経験者の試合出場を認めていないため登録申請を拒否し続けている。

 同席した弁護士の説明によると、申し立てでは競技者登録や、競技大会における選手選考の基準を明確に定め、公表することも求めた。仲裁人に判断を仰ぐ仲裁手続きの開始には日本連盟の合意が必要で、結論が出るまでに、長ければ7~8カ月かかる。

「スポーツ」のランキング