産経ニュース

【アメフット】「無責任で無関心」日大擁護の文言なく 第三者委会見

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【アメフット】
「無責任で無関心」日大擁護の文言なく 第三者委会見

日大アメフットの悪質タックル問題で最終報告書を提出、記者会見する第三者委員会の勝丸充啓委員長(右)ら=30日午後、東京都港区(飯田英男撮影) 日大アメフットの悪質タックル問題で最終報告書を提出、記者会見する第三者委員会の勝丸充啓委員長(右)ら=30日午後、東京都港区(飯田英男撮影)

 「あまりに無責任で無関心」「関係者の当事者意識が希薄」。日大アメリカンフットボール部の反則問題で30日、大学の対応を調査していた第三者委員会が記者会見を開いた。勝丸充啓委員長は厳しい言葉を並べ、日大の対応を非難。大学側を擁護する文言は、ほとんどなかった。

 元広島高検検事長で弁護士の勝丸氏。会場の大きなスクリーンに、これまでの経過や大学の組織をまとめた図表を映しながら説明した。「内田正人前監督に物を言える人間は事実上、理事長しかいなかった。ガバナンスが働かない状態」「立派な危機管理規定は機能しなかった」。手元に目を落としながら淡々とした口調で問題点を列挙した。

 記者会見は東京都内のホテルで行われ、記者やカメラマン百数十人が集まった。

「スポーツ」のランキング