産経ニュース

【陸上】桐生祥秀、欧州遠征から帰国「東京五輪はすぐ来る」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【陸上】
桐生祥秀、欧州遠征から帰国「東京五輪はすぐ来る」

欧州遠征から羽田空港に帰国し、取材に応じる桐生祥秀(左)と飯塚翔太=24日 欧州遠征から羽田空港に帰国し、取材に応じる桐生祥秀(左)と飯塚翔太=24日

 東京五輪開幕まで2年となった24日、陸上男子短距離陣が欧州遠征から羽田空港に帰国した。100メートル日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は「リオ五輪が2年前と考えると、早いなと思う。東京五輪はすぐ来る」と気を引き締めた。今季はアジア大会の個人種目代表を逃し、記録は10秒10が最高だが、「条件が整わなくても9秒台を安定して出せるようになりたい」と、五輪の決勝進出を見据えた。

 男子走り高跳びの戸辺直人(つくばツインピークス)も同日、成田空港に帰国。11日に自己記録を日本歴代2位タイの2メートル32まで伸ばした26歳は「今は五輪で入賞できたら『力を出せた』というレベル。2年間、うまく練習を組み立て、(記録の平均を)もう5センチ上げられれば、メダルが射程圏内に入ってくる」と抱負を語った。

「スポーツ」のランキング